H1テキストが入ります。H1テキストが入ります。

  • メッセージ
  • ストーリー
  • 会社を知る
  • 仕事を知る
  • 人を知る
  • 働く環境
  • 募集要項
    • 新卒募集要項
    • 既卒募集要項
  • ENTRY
ENTRY
キービジュアル

work

事業内容を知る

事業のご紹介

アイコン1 アイコン2

事業のご紹介

食品メーカーに、カラメル及び着色料、調味料、調味食品、乾燥具材、デザート素材、甘味料などの中間原材料や新しい「食」の素材を素に、エキスの抽出、粉末、顆粒化機能性などの研究・開発をし、それら製品を製造・販売するメーカーです。
そして、お客さまが必要とする「食・ソリューション」の開発と提供を行なっています。

営業職

アイコン3

営業職について!

食品会社の商品開発部との商談で、新商品の企画、商品のリニューアルを聞き、当社で提案できる商品サンプルを当社開発部門と情報共有し、試作に向けてコンセプトを固めます。また、出来上がったサンプルをプレゼンテーションし、共同開発を行い製品化が出来るよう食品会社の商品開発部と当社開発部門とのコーディネートを行います。

他にも当社独自の商品を食品会社や商社に提案・紹介したり、新規先の開拓、ニーズを把握する為の市場調査を行ったりもします!

仕事を通じて感じたこと、
達成したこと

  • スタッフ写真

    2015年入職

    野津田 健

    学生時代のアルバイトを通じて「食べ物には人を幸せにできる力がある」と感じ、食品業界に飛び込みました。現在、池田糖化工業の営業担当として、お客様である最終商品(店頭に並ぶ市販商品)を製造・販売されているメーカー様と商品の企画に取り組み、弊社の製造する食品素材を販売しています。ご要望に沿って作り上げた製品をお客様の商品に使用していただき、その商品を消費者の方が喜んで購入してくださっているところを見たときにやりがいを感じます。

    この仕事をしていて一番うれしかったのは、お客様に弊社製品の採用を決めていただき、「ありがとう」、「助かった」というお言葉をいただけたときです。これは何度あってもうれしいです。ときにはお客様と一緒に朝早くから深夜まで工場での製造に立ち会うこともありましたが、ともに長い時間を共有して困難を乗り越えた経験として、今でもそのお客様との語り草になっています。

研究開発職

アイコン3

研究開発職について!

お客さまからのサンプル依頼を営業部と二人三脚で要望に沿った商品に仕上げ共同開発していきます。時代の変化、消費者ニーズを捉えた独自の商品を開発、営業・お客さまへプレゼンテーションも行います。また、海外での試作、技術サービスも行い、スピードある開発、価値創造のできる商品開発が求められています。(調味料、調味食品、乾燥具材、デザート素材、カラメル及び着色料、甘味料などの中間原材料や新しい「食」の素材を素に、エキスの抽出、粉末、顆粒化機能性などの研究・開発および酵素を中心とした基礎研究・機能性油脂の研究・発酵食品の研究・植物抽出物の研究など)

仕事を通じて感じたこと、
達成したこと

  • スタッフ写真

    2015年入職

    廣瀬 花穂

    デザート商材の中でも主にフルーツソースの開発を担当しています。お客様から「〇〇なソースが欲しい」などのご依頼をいただき、「もっと果肉を増やして欲しい」とか、「もっと酸っぱく」といった要望に応えながら開発を進めています。お客様と何度もやり取りを繰り返し、ひとつの製品を作り上げます。そうして自分が関わった商品がスーパーやコンビニで発売されたときはやりがいを感じます。

    開発の仕事は食品業界の黒子のような役割ですが、自分が携わった商品がSNSやテレビで取り上げられているのを見るとすごくうれしい気持ちになります。今までの仕事で特に印象に残っているのは製品化するのに苦労した開発案件です。原料の選定から試作。それを工場で製造する工程に繋げることがすごく難しく、上司や先輩社員の力を借りて何とか製品化できたときはうれしかったですし、自分の成長にも繋がったと感じています。

  • スタッフ写真

    2016年入職

    松井 映里香

    フリーズドライの即席スープや ふりかけなど乾燥商材、お菓子の練り込み用具材などの開発をしています。お客様からの依頼内容に沿って、原料の選定や風味の調整を行い、試作品を作成します。試作品の提出と評価を繰り返していくなかで、お客様から「おいしい」といった、良い評価をいただけたときは喜びを感じます。私が試作した製品が全国的に知られているお菓子メーカーさんに採用されたときは(守秘義務がありますので)、周りには言えませんでしたが、多くの人が手に取ってくださる商品に携われてうれしかったです。

    これまでの仕事で特に印象に残っているのは、およそ2年をかけて商品化となった製品の開発です。依頼をいただいた当初は実現が難しいかもしれないと思われた案件でしたが、お客様とのやり取りを繰り返しながら、製品の物性や乾燥性の問題を解決し、「国産原料」「添加物の配合無し」などの条件を満たしつつ、求められる味を再現できました。

  • スタッフ写真

    2017年入職

    馬場 良太郎

    昆布や鰹節など、主に海産物を使ったエキスや出汁の開発を担当しています。弊社のことはあまり知られていませんが、中間原料メーカーとしてたくさんの商品の美味しさを支えている黒子のような存在だと感じています。その商品を「おいしい!」と思って頂けることで、食べる人の心を豊かに出来ているのではないかと思っています。

    これまでで特に印象に残っている仕事は、外食メーカー様向けに製造したエキスの開発です。お客様の求められる味が今までにない、全く新しいカテゴリーに入るエキス開発だったため、ノウハウがなく、他部署の人への聞き込みや現場との入念な打ち合わせを重ねて完成させることができました。そのエキスが使われた商品が販売されたときは、うれしくてすぐに食べに行きました。お店では、そのエキスが使われたメニューを食べているお客様も多く見受けられ、うれしかったです。

技術職について!

機器による分析や農薬分析、人の目、鼻、舌での官能検査・工程検査・工程管理、コスト改善・品質保証など行います。

事務職

アイコン3

事務職について!

営業、開発、研究といった人たちがのびのびと活躍できるようにサポート!人材の採用や教育などの人事や、請求、入出金、経理事務などの総務・知的財産などを担当する特許や法務関係を管理しています。

キミの手で日本を「おいしい」に包み込もう

ENTRY